ウェブデザイン会社 http://www.eosearch.com

http://www.eosearch.com

Header Image

光を味方に。

no comment

商品撮影で最も重要な点は光の加減です。

 

GC003_L

商品撮影に限らず、カメラと被写体との関係は光の具合によって変わってきます。その証拠に、どのテキストを読んでみても、その大半は光の当て方にページを割いているのが分かるはずです。カメラの性能やレンズの種類もいかにして光を味方に付けるか、という意図で必要になるのです。

ですから最初から高級カメラをつかわなくても、コンパクトデジタルカメラで十分やっていけるのです。撮影に慣れてきて、機能が制限されているコンパクトデジタルカメラでの撮影には限界がある、と思ったときには一眼レフのカメラへバージョンアップすれば良いのです。

まずは、高級なカメラにこだわるよりも、どのような光の当て方があり、どうやって自分がイメージする光を作り出すかということにこだわる必要があります。

まず光の種類として、太陽光などの自然光と蛍光灯などの人工光の2種類があります。たとえば、撮影したい商品をライトなどを使わず、自然光で撮影しようと考えたとします。この場合はよく晴れた日を選ぶのですが、窓の向きによっても光の具合が違います。

はっきりしたコントラストで撮りたいのなら、南向きの窓辺に撮影台を置きます。もうすこし、やさしい印象が欲しければ北向きの窓辺に置きます。この違いだけもで、撮影された商品の印象は大きく変わるのです。

 

商品撮影

こんなweb制作会社はよくない

no comment

 

こんなweb制作会社はよくない

こんなweb制作会社はあまり良くないというポイントを集めてみました。

JZ133_350A

≪インターネットで営業をしない会社≫

web制作をする専門業者なのに、ホームページで勝負しないのはおかしな話です。
企業で電話をして営業を掛ける会社も多いですが、できれば自社ホームページ作成に力を入れているところがいいですよね。
インターネットで多く集客できるようなweb制作会社であれば、ビジネス用サイトの作成を依頼するのに役立ちます。
デザインがオシャレなだけでは無く、分かりやすく整理されたホームページを制作するような会社が良いでしょう。

≪専門用語でまくしたてない≫

専門業者に依頼するのですから、クライアントは素人です。
web制作に関して素人であるクライアントに対し、分かりづらい専門用語でまくしたてるような会社はあまり営業能力があるとは思えません。

≪高額な管理費を請求する、追加料金が多い≫

JZ011_350A
制作費用の内訳が不明瞭で、毎月の管理費を高額で請求するような会社はよくありません。
また、見積りを出した時とまったく違う料金を請求されたり追加料金が多かったりすることも注意しましょう。
このような相違がないように、見積りを依頼する段階で内容を明確にしてもらったほうがいいですね。
デザイン制作

キーワード検索の落とし穴

no comment

キーワード検索の落とし穴

ホームページ制作において、少しでも検索結果の上位に表示されるようなSEO制作は大事です。

JZ065_350A

一番簡単で身近なSEO対策と言えばキーワードですが、キーワードによるSEOには落とし穴があります。

≪キーワードの詰め込みは要注意≫

例えば「ダイエット」というワードで検索されたいと思うなら、できるだけページにワードを詰め込めば検索エンジンにヒットされやすくなります。
しかし、キーワードの配置にはちょうどいいバランスがあり、不自然なぐらい詰め込み過ぎてしまってはいけないのです。
もしそのようなことをしてしまうと、検索エンジンのスパム判定を受けてしまいます。
スパム判定を避けるには、キーワードを詰め込み過ぎていないかをチェックしましょう。

≪読めない文字によるキーワード羅列≫

肉眼で見るのに困難なぐらいの小さな文字や淡い色で見えづらい表記だと、スパム判定をされてしまう可能性があります。
例えば白い背景に対して白い文字で特定のキーワードを羅列してしまうと、スパムになります。
隠し文字をしてしまうような行為は避けましょう。

JZ165_350A

≪キーワード選定≫

検索で上位に来てほしいキーワードを選ぶのにも、注意が必要です。
「ダイエット」というキーワードだとライバルが多すぎて、どんなにSEO対策をしても上位に食い込むのが難しいのです。
複合キーワードを絡めてSEO対策をするか他のキーワードを選ぶなど、選ぶ言葉によって対策が異なります。
ホームページ制作

ホームページ作成についての考え方

no comment

あなたはホームページを自分で作ったことがありますか?

ホームページはメモ帳などのテキストエディタと、素材となる画像があれば作れてしまい
ます。
問題なのは作る技術があるかどうかです。
今ではインターネット上に無数のホームページ作成講座のようなサイトがあります。
そこから情報を得て作っていくのが一般的かと思われます。
かかる費用はほとんどゼロです。
問題なのはかかる時間です。

JS013_350A

初心者ですとHTMLを構築していくだけでも何日もかかります。

さらにCSSやJava scriptなどを組み込むとなると、サイト作成を諦めたくなってしまい
ます。
やる気と根気が必要となってくるでしょう。

では仮にホームページ作成の専門業者に頼んだとしましょう。
この場合ですと費用が発生してきます。
費用に関してはいくつかのケースがありますが、仮に5ページ程度のサイトだとして、初
期投資に10万円程度、毎月の管理費に数千円から2万円程度の費用が発生します。
また、画像をたくさん扱うサイトであれば、初期投資だけで30万円程度もの費用がかかっ
てしまう場合もあります。
しかし、かかる時間は打ち合わせに使う数時間程度で済んでしまいます。

自分で作るかプロに任せるか。

それぞれメリット・デメリットはありますが、自分の生活パターンに合わせて考えてみて
はいかがでしょうか。

ホームページのデザインは外部委託する時代

no comment

どんな会社でも外部業者の力は借りる必要がありますよね。

だって、自社のビルを建設するためには建築会社を利用するしかないじゃないですか。
ホームページデザイン作成もそれと同じようなものなんですよ。
昔の人はホームページは自分で作るものだという考えを持っているようですが、今はそうではありません。
IMG_0179
ホームページも外部のデザイン会社に委託して、ちゃんとしたものを作成する時代なんです。
名だたる企業でホームページを自社内で制作しているところはほとんどありません。
それでは会社にとってマイナスになってしまうとわかっているから、しないんです。
自社内で制作すればコストは大幅に削減できますが、それによって利益が下がったら意味がないですからね。
ホームページで利益を上げるなんて無理だ、とお思いでしょうか。
無理じゃありません。というか、ホームページの質が高ければ企業の質も高いと顧客は判断してくれるのです。
ですから、ホームページのことはしっかり考えておいて損はないのです。
そして外部の信頼できる会社に作成を依頼し、最高のホームページを手に入れてください。
優秀なホームページのデザインがどれだけの効果をもたらすかについては実際に利用してみればすぐにわかると思います。
デザイン会社